BIHAN 株式会社 美販

  • パッケージのトータルプランナー 美販
  • TEL

2022年2月のアーカイブ

こんにちは!営業部の宮口です。

今回は、大阪府吹田市にある菜食ベジタリアンレストラン「ORIBIO Cafe Dining」様からご依頼いただきました、プリン用ギフトパッケージのご紹介です!

「何もない だからこそ全てがある」がコンセプト

ORIBIO Cafe Dining様は、有機(オーガニック)のお野菜をできる限り使用し、さらに、自社の畑で採れたORIBIO野菜(EM農法・自然農法)や、厳選した調味料を使用するなど、安心安全にとことんこだわった菜食・ベジタリアンカフェレストランです。ベジタリアンやヴィーガンなど各種スタイルに対応しているので、肉、魚、卵、乳製品・五葷(玉ねぎ、にんにくなど)は使用していないそうです。

ショップでは、ヴィーガン対応のお菓子や乾燥大豆たんぱく【ORISOY(オリソイ)】、ORIBIO様オリジナル食材、ORIBIOEM野菜など様々な商品を扱っていらっしゃいます。

また、オンラインショップでは、スーパーだとなかなか手に入りにくい、ORIBIOオリジナル調味料・乾燥大豆たんぱくを販売されていますので、ベジタリアンやマクロビに興味がある方や健康志向の方にオススメです。

ガラス容器が割れにくい お持ち帰りギフト

プリンの手提げ付きギフトケース

今回ご依頼いただきましたのは、有機豆乳とオーガニックシュガーを使用した、100%植物性プリンの持ち帰り用ケース。

当初は紙袋で販売しており、お客さまがまとめてお持ち帰りする際、商品が不安定になり倒れてしまうため、ギフトとしても販売でき、ガラス容器が割れにくい、倒れないケースを作って欲しいというのがORIBIO Cafe Dining様のご要望でした。

プリンの手提げ付きギフトケース

プリンの便が直接当たり割れないように、仕切りを設けて固定。また、仕切りに折りを入れて厚みを持たせることで緩衝性を高めています。ダンボールの段目が見えないので見た目もスッキリしていますよね!

手提げ紙袋でのお持ち帰りと、ケースのみでのお持ち帰り両方のシーンを想定していたため、紙袋を使用する際はケースの手持ち部分が邪魔になってしまいます。そこで、手持ちの部分を折りたたみ、四角い箱の形にも変形できる構造に設計しています。もちろん、手持ち部分を立ち上げ組み立てると、ケースの状態でお持ち帰りができます。

プリンの手提げ付きギフトケース

持った際に手を切らないよう、折返し部分をつくり、カット面に手が当たらないよう優しい設計にしております。また、白いダンボールを使うことで、上品な仕上がりになりました。

美販ではお客様のこだわりの商品に合わせたパッケージをご提案し、納得していただけるまで共に制作いたします。
新しい商品のパッケージを作りたい、利便性の高い箱にリニューアルしたいなど、ご相談がありましたら、ぜひ美販までご相談ください!

MENU

CLOSE