BIHAN 株式会社 美販

  • パッケージのトータルプランナー 美販
  • TEL

こんにちは。営業部の宮口です。

本日は、先日行われたSカレ(Student Innovation College)についてのご報告です。

Sカレ2021集合写真

ご存知ない方へ簡単に説明しますと、Sカレとはマーケティングを学ぶ商学部の大学生たちが、企業と一緒に商品企画や実践的なマネージメント体験を目的としたプロジェクトです。

今年もコロナの影響でオンラインでの開催となりました。

過去の記事でも何度か紹介しておりますので、ご興味のある方はこちらもご閲覧ください!

2020年 Sカレ冬カンのご報告!

【日本大学 水野ゼミ×美販】お部屋に出た虫を簡単に”逃す”「むしキャッチリー」のご紹介

Sカレは秋と冬の年2回開催しており、プログラムは大きく分けて『テーマ別コンセプト発表』と『総合優勝戦』で構成されています。まず、『テーマ別コンセプト発表』では、3年生が企業が出したテーマをもとに商品を企画し、提案してもらいます。発表は秋カンと冬カンで2回行い、秋カンは現時点での審査とフィードバックを行う、中間発表です。冬カンでは順位を決め、優勝チームは企業と約1年半に渡り商品の共同開発・販売などが始まります。

もう1つのプログラム『総合優勝戦』では、冬カンで優勝し、企業と共に商品化に向けて活動した4年生が成果を発表します。

弊社は「クリアシート 便利グッズ」というテーマで参加しており、今回のテーマ別コンセプト発表では14チームが発表してくださりました。どのチームのプレゼンも完成度が高く、審査はとても難しかったのですが、1位はハンカチのケースをご提案してくださった専修大学 奥瀬ゼミのチームになりました。おめでとうございます!

私は去年からこのSカレに参加していますが、学生の皆さんの発表を聞くのはとても刺激を受けます。発表してくださった学生の皆さん、素敵なプレゼンをお聞かせくださりありがとうございました!冬カンでは更にレベルの高い発表を聞けることを期待しています!

尾寅社長と優勝チームの記念撮影

そして、総合優勝戦では、弊社と共に活動してきた日本大学水野ゼミ チーム「えばぐりん」が、虫を逃す逃虫商品「むしキャッチリー」の成果発表をし、見事総合優勝を受賞致しました!チームの皆さん、本当におめでとうございます!受賞チームのインタビューでは、「活動をしていて本当に楽しかった」「優勝できてホッとした」とお話ししてくださりました。大変なこともあったかと思います、お疲れ様でした!

えばぐりんの優勝記念撮影

日本大学水野ゼミが開発した商品 むしキャッチリーはAmazonにてご購入いただけますので、ご入用の方は是非チェックしてみてください!

虫逃商品「むしキャッチリー」のAmazonページ

むしキャッチリーの活動を通して、私もたくさんのことを学びました。次回の冬カンではどんな発表が見られるのかとても楽しみにしております!

MENU

CLOSE