BIHAN 株式会社 美販

  • パッケージのトータルプランナー 美販
  • TEL

スタッフのことの記事一覧

こんにちは。美販ブログチームの大嶋です。
久しぶりに「社員紹介シリーズ」が戻ってまいりました!第5回目となる今回は、営業部の濱田さんです。

美販 営業部仕事風景
濱田さんは、前職で包装資材を取り扱っていたこともあり、段ボールと合わせてクリアケース、袋などを組み合わせて提案することが得意です。

段ボールケースのお話をしながら、お客様のお困りごとをお伺いすることがよくあるそうで、「こんな袋が欲しいけどどうしたらいいのかわからない」といったご相談に対して、濱田さんの知識と、これまでの経験をふまえ、「こんな方法ありますがいかがですか?」とご提案させていただくと、非常に喜んでいただけたことがあったと、嬉しそうに話してくれました。

美販

余談ですが、なんとなんと、昨昨年の会社の健康診断で、大きな病気が発見されました。
手術後も何もなく健康の大事さを痛感されたそうですが、いろいろと考えさせられたこともあったそうです。

「大きな病気をすると、自分の生き方、幸せ感を考えることが増えました。「幸せ」って人それぞれ違いますが、私はいずれ訪れる死に直面した時、悔いがなく生きてて良かったという形で終わりたいと望んでいます。そのためには悔いの残る可能性があるものはすぐに対処するという考え方で、「今」を大切にするようになりました」

人と話して楽しんだり、今言っておきたいことすぐに伝えたり、今できることをやりきったりなど、(まだまだではありますが)生きる指針になっている、と話してくれました。

ベトナム研修生、エンジニアを対象に日本語勉強会も

現在美販には、ベトナム研修生、エンジニア合わせて6人が在籍しています。皆さん、本当によく勉強をし、仕事にも熱心に取り組んでもらっています。
そんな中、濱田さんは、より一層の理解力を上げてもらうために週1回の日本語勉強会を主催されているんです。

日本語でわかるまで会話することが重要と考える濱田さん。普段は仕事で起こった出来事や疑問を聞いて、その内容について補足説明しながら、仕事に対する考え方など共有できればいいなと思っておられるそう。

05304
また、各自自身のレベルに合わせて日本語問題集に取り組んでもらい、わからなかったことに対して説明してくださるという熱心さ!
「仕事での日本語理解力アップも目的の一つですが、卒業後に本人の糧になれば幸いだと思っております」とのこと。

とはいえ、仕事ばかりの交流ではなく、ベトナム研修生、エンジニア、新入社員の皆さんと一緒に観光、キャンプや(研修)旅行に行き、早く日本に、美販に慣れてもらえるよう、定期的にイベントも開催。

05301
「普段ゆっくりと話しができないので、いい機会。楽しみながら仕事のことや、考え方など共有できたらいいなあと思っております」
と、濱田さんの人柄がよくわかるコメントをいただきました。

趣味の料理と仕事の関係

趣味は「料理」という濱田さん。なんと、飲食店の店長経験もあるのだそう。

「腕はたいしたことないですが、普段の休日から年末年始のお休みまでみんなに喜んでもらっています」とのこと。

05305

「何よりも料理を食べてもらって喜んでもらえることがうれしく感じます。そうするためには、相手の気持ちになったり、食べやすい方法考えたり、おいしそうに見えるように彩りに注意したりと、相手にとってどうあるべきか考えながらアジャストしていくことが大切です。(偉そうなこと言ってすいません)仕事も同じで、お客様のお役に立ててこそ喜んでもらえると思いますので、現状やご希望お伺いしながらそれに見合ったものを提案させていただきたく思います」

やはり、根底には「役に立つ」「喜んでもらう」という部分があって、それを大切にされているんだなあと、お話を伺いながらあらためて思いました。

濱田さん、お忙しいなかご協力ありがとうございました!

MENU

CLOSE