BIHAN 株式会社 美販

  • パッケージのトータルプランナー 美販
  • TEL

段ボールの新たな可能性を追求し続ける東大阪の町工場

大阪府東大阪市。工場の集まるこの地域に異色の段ボール製造会社がある。1975年創業の「美販(びはん)」だ。工場内では、ごく普通の段ボール箱が製造される一方、「これが段ボール?」という製品が日々、生み出されている。テーブルやイス、キャリーバッグ、ワインラック、壺、扇風機など。安くて軽くて強度がある、”デザイン性の高い段ボール”が人気となり、全国から同社と取引したいという要請が日々、舞い込んでいるという。段ボールという差別化しにくい商品で社長の尾寅将夫さんが取った戦略は、手間がかかり他社が嫌がる「少量多品種」の仕事を積極的に請け負うことだった。それが功を奏し、顧客の要望を何でも実現することで、”デザイン性の高い段ボール”を作る技術が磨かれた。そんな尾寅さんは、さらなる段ボールの新たな可能性を目指し、「町工場をデザインする!」というテーマを掲げ、展示会への出品を計画。段ボールの新たなカタチとは?

MENU

CLOSE