BIHAN 株式会社 美販

  • パッケージのトータルプランナー 美販
  • TEL

2018年7月のアーカイブ

「海外のパッケージ素材のように毛羽立っている感じの紙はないですか?」
「毛羽立っている味わいのあるダンボールはないですか?」

いずれも、デザイナーさんからたまにいただく問い合わせです。

ですが、国産の全てがフラット漉き(すき)なんですね。

つまり表面をフラットに、平滑にしているんです。
印刷がのりやすいように、印刷機を通りやすいように、抜き加工がしやすいように、
という「加工工程優先」のためらしいです。

ところが、海外の場合は技術的なことなのか、わざわざなのかは別として、
毛羽立っています。こちらは「ラフ漉き」というそうです。

そう!デザイナーさんとしては、この「ラフ漉き」を使いたい!

でも、手に入りにくい……。

そこで朗報!
日本紙交易さんが取り扱っている、全層カラー抄きのリサイクル板紙「Les Naturals(レ ナチュラル)」をご紹介します!

Les Naturals(レ ナチュラル)サンプル

大阪産業創造館で開催された「紙加工技術展2018」にも出展されたこのLes Naturals(レ ナチュラル)。断面が見える貼箱やバインダー、ファイルといった用途の提案もされました。

このように、紙の断面にも色が付いていて、とても綺麗です。

Les Naturals(レ ナチュラル)

Les Naturals(レ ナチュラル)

製造元は、1927年に創業したフランスの板紙メーカー、Cartonnerie Jean社。100%古紙由来の環境にやさしい板紙です。色はオレンジ、オリーブ、ルビー(赤)、サファイア(青)など、とにかく美しい!

色、風合い共に国内産にはなかったものです。

鮮やかな色板紙でインパクトを出したり、自然な質感でナチュラルっぽさを出したり。

デザイナーさんにとっては選択肢が増えて、パッケージデザインの幅が広がりそうですね!

 

さてさて、ところ変わって……。

先日ベトナムに出張の際、今、ベトナムで人気のチョコレート店「MAROU」に行ってきました。

ベトナムで人気のチョコレート店「MAROU」

「MAROU」は日系フランス人のサミュエルさんと、アメリカの広告代理店で仕事をしていた(出身はフランス)ヴィンセントさんの2人によってつくられたチョコレートブランド。

チョコレートは全て店舗で製造されているそうです。

ベトナムで人気のチョコレート店「MAROU」の製造風景

ここで、とてもステキなパッケージに遭遇。
思わず箱欲しさにチョコを買ってしまいました(笑)

ベトナムで人気「MAROU」のチョコレート

ベトナムで人気「MAROU」のチョコレート

どの紙も独特の風合いがありますね。
カラフルなパッケージデザインは、見ているだけでワクワクしてきます。

ベトナムで人気「MAROU」のチョコレート
ただ並べているだけでも、インスタ映えしそうですよね!

ベトナムで人気「MAROU」のチョコレート

海外のパッケージを参考に、自社のパッケージを見直してみてはいかがでしょうか?

MENU

CLOSE