BIHAN 株式会社 美販

  • パッケージのトータルプランナー 美販
  • TEL

お客様からよく聞かれることがあります。

「美販さんってどうして変わったものを作ったりしてるんですか?」
「東大阪の会社なのに東京から仕事の依頼が来たりするんですか?」

主語はあくまでも「お客さま」

実は私たちとしては、変わったモノを作ろうとか、こんな良いものを作ろうとか、
あんなの作ったら売れるかな?とか、こういうの作ったらかっこいいね!
という発想はあまりないんです。

もちろん、「こんなの作ったら面白いね」というのはあることはあるのですが。

根本的に、主語が自分たちではなく、お客様の喜んでいただいている笑顔を思いながら
「こんなの作ったら喜んでいただけるかな?」
「役に立てるかな?」と考えながら、ダンボールの設計やデザインをしています。

美販では、お客様への提案が設計・デザインだと考えているので、
そうでないものは「アート作品」なのかなと。

もちろんごくごく普通のパッケージもたくさん設計していますが(笑)

私たちの仕事は、ワクワクすることも多く、好奇心を持って、
様々な分野にアンテナを張るようにしています。

お客様によろこんでもらい、自分も楽しい。
美販が大切にしていることの1つです。

早く作って早くカタチにする

現物を見て触ってみるから、次のアイデア、次の課題が見つかる。

それも自分1人ではなく、チームで共有できる。

結果的にお客様から見れば、いろんなものを作っていると思っていただけるのかな。

またそれを見て、遠方からも「美販ならカタチに出来る」と思っていただき、
お声かけいただけるのかもしれません。

例えば。

福井県にある【ナチュラルスタイル様】から、
教育用ワンボードマイコン「IchigoJam」を使った、
組み立て式学習用ロボット制作のお仕事をいただいたときのこと。

組み立て式学習用ロボット

「一台は3Dプリンターで作ることができますが、それだと納期もかなりかかりますし、樹脂製だと金型の費用がかなりかかるんです。いろいろハードルがありまして……」

というご相談を受けました。

「美販さんなら、ダンボールで作ることは可能ですか?」

商品化への課題はたくさんありましたが、福井県から大阪に来ていただき、
「腕の部分も可動させることはできますか?」
などなど、ご要望をヒアリングさせていただきました。

後日、ヒヤリングを元に制作したサンプルを宅配便でお届けしたところ、
大変喜んでいただけました。

で、完成した量産品がこちら。

美販がつくったダンボールロボット

子どもだってプログラミング——組み立て式こどもロボット「paprika」

ダンボールだからこそ、スピーディーにかつ美販だからこそ、
ご要望や課題をクリアすることができたと自負しています。

休憩時間には頭の体操

他にもいろんなモノを作っていますが、休憩時間には頭の体操的に
こんなものを作ったりするスタッフもいます。

トイレットペーパーの芯が……

トイレットペーパーの芯

少し手を加えると、こんな感じに!

トイレットペーパーの芯でつくったフィギア

「あのお客様の、今度開催されるワークショップで使えないかな……?」と想像しながら。

トイレットペーパー芯でつくったこいのぼり

今日も美販では、お客さまの喜ぶ顔を想像しつつ、楽しみながら真面目にダンボールと向き合っています。

MENU

CLOSE