BIHAN 株式会社 美販

  • パッケージのトータルプランナー 美販
  • TEL

段ボールケースを出荷する際、ビニール紐で束ねて出荷するのですが、今回その結束機を入れ替えました。

ダンボールの結束機

新しい結束機導入のきっかけ

当社の営業担当が、お客様から年に数回、紐が原因による”キズの不具合”をお聞きしていました。

大手であればすぐに新しい機械を導入し、対応するのが当然のことだろうと思いますが、
中小の会社では、なかなかそうもいかないのが現状です。

そこで、美販では先行して品質を上げていきたいと考え、今回の結束機導入を決めました。

 

改善された2つのこと

今回結束機を入れ替えたことによって改善されたことが、大きく二つあります。

①ダンボールへの食い込みが低減

従来よりヒモが太く結束できるようになり、段ボールへの食い込みが低減。ダンボールに傷がつきにくくなりました。

従来のもの

紐が細いため、ダンボールにしっかりと食い込んでしまっていました。

ダンボール結束の従来品

 

改善後

紐の幅が広くなったことで、圧が分散され食い込みを軽減!

ダンボール結束の改善後

 

②新しい機械のヒモの巾

紐を結んだ時にできる紐の玉。この「玉」の位置によるキズが発生していましたが、従来は下に出来ていたこの玉位置を、真ん中に移動させる装置を導入しました。

 

従来の位置

画像のように、紐の玉で下の段ボール表面をキズつけることがありました。

ダンボール結束結び目従来品

 

改善後

新しい機械では、紐の玉を赤丸の位置に移動できるようになりました。
ダンボール結束結び目改善後

下から横に移動させることで、紐の玉によるキズが軽減できます。

 

当社ではこれからも、美販のパッケージを使っていただくことでお客様がたのしく、ラクになっていただけたらと考えています。

「昨日より今日」
少しづつでも、小さくても、工夫や改善をしながらお客様に喜んでいただけるように取組んでいます。

MENU

CLOSE